不貞行為をした夫との間において妻側が有利な協議離婚が成立した事例

依頼者:妻 相手方:夫

離婚原因:夫の不倫 離婚等の種類:協議

慰謝料:400万円

財産分与 相手方名義の保険解約返戻金,不動産の共有持分の譲渡

支払い方法:一括

受任から解決までの期間,約1年

 

事案

夫が不貞行為をはたらき,双方が離婚自体には同意をしていたものの慰謝料や財産分与が問題となった事案です。

弁護士からのコメント

この件は,慰謝料や保険解約返戻金を一方的に妻側が取得をするという,妻側にとって非常に有利な和解をすることができました。

不動産については,共有名義になっていたためその処理が問題となりましたが,夫が妻に共有持分を譲渡し,妻が残ローンを取得することで解決することができました。

弁護士との法律相談は初回無料です。まずはお気軽にご相談ください 0868-32-0255