相続・遺言

相続は突然に起こります。親や親しい人が亡くなるだけでも痛ましいことですが、それに伴って、相続争いが発生すると、精神的負担は計り知れないものがあります。

相続争いには以下のような事例があります。

・兄から、理不尽な遺産分割協議書に判を押すように求められた
・母と姉が結託して、自分に不利な遺産分割を進めている
・遺言書が見つかったが、自分の取り分が少なく、本人が作成したのか、疑わしい
・腹違いの兄弟と遺産分割をすることになったが、揉めそうである
・亡くなった父のお金を管理していた兄から,父の遺産目録をみせられたが明らかに兄自身が
 使いこんだ可能性がある

遺産分割で相続人同士が揉めるのは、当事者のうち、誰かが自分の都合の良いように、理不尽な要求を通そうとしているためです。従って、相続人が当事者同士で話し合っても埒が明かず、争いは長期化し、精神的に消耗戦になってしまうこともしばしばです。

このような場合、弁護士は最終的に訴訟になった場合の裁判所の判断を念頭において、あなたがどのように交渉すべきかをアドバイスすることができます。また場合によっては、あなたの代理人として、相手方と交渉することもできます。

このような場合は、できるだけ早いタイミングで、弁護士にご相談ください。一旦、当事者同士で感情的に揉めてしまうと、解決までに膨大な時間がかかることが多いのです。揉める前にご相談いただければ、迅速な解決の可能性が高まります。

また、ご相談の際は、今抱えている疑問、浮上している問題、親類縁者の状況、故人のこと等々、より多くの情報があればあるほど、アドバイスがしやすくなります。

相続が発生している方

遺産分割問題解決の流れ  特別受益と寄与分  遺留分減殺請求について

相続の基礎知識

相続問題は初めて経験される方が多いと思います。また、遺産分割は争いになると、複雑で解決するまでに時間がかかります。

相続とは、亡くなった方の財産・負債や権利・義務などの法律的な関係が他の人に移ることです。

相続によって受け継ぐ人を「相続人」と呼び、亡くなった方との間に一定の身分関係がある人が「相続人」と呼ばれます。

実際に、相続・遺産分割を進めるにあたっては、

・まずは誰が相続人なのか?
・財産がどれだけあるのか?
・遺言は残されているか?
・財産をどのように分けるか?
・相続税は発生するのか?

をきちんと調べる必要があります。間違いがあればすべてやり直しになってしまうこともあります。

相続のスケジュール

相続開始後は葬儀、法要、お香典返し、納骨、挨拶状作成など大切な仕事がたくさんあります。

それらをこなすだけでも相当の気遣いと時間を費やすものですが、ほぼ同時に相続手続きや遺産分割も進めていかなくてはいけません。相続には、多方面、各種さまざまな申請が必要になりますので、しっかりと「どのタイミングまでに」「何をすべきか」を把握しましょう。

○相続人の死亡(相続開始)

葬儀の準備・死亡届の提出  死亡届は7日以内に提出

○葬儀  

○初七日法要

遺言書の有無の確認  遺言書は家庭裁判所の検認後に開封

○四九日法要

相続財産・債務の概略調査  相続放棄・限定承認の検討

○相続放棄・限定承認(3ヶ月以内)

相続人の確認  戸籍を取り寄せて調べます

○所得税の申告と納付(4ヶ月以内)

相続財産・債務の調査

相続財産の評価  相続財産目録の作成

○遺産分割協議

相続税の申告書の作成  相続人全員の実印と印鑑証明

納税の方法、延納・物納の検討

○相続税の納付(10ヶ月以内)

被相続人死亡時の税務署に申告・納税

遺産の名義変更手続  不動産の相続登記など

当事務所の特徴

当事務所の相続・遺産分割問題解決における特徴は以下の5つがあります。

1.過去5年間で累計100件以上!相続・遺産分割の豊富な相談実績。
2.調停や裁判になる前に、交渉(話し合い)段階での相談に力を入れています。
3.交渉段階からご相談いただくことで、早期解決を目指しています。
4.遺言作成,遺言執行業務に力をいれており,相続問題を未然に予防します。
5.税理士や不動産鑑定士などの専門家と強力に連携しています。
6.初回相談料は無料です。電話での無料相談が可能です。

1.過去5年間で累計100件以上!相続・遺産分割の豊富な相談実績。

当事務所では、これまでに岡山県北地域において,過去5年間において累計100件以上の、相続・遺産分割に関する法律相談をお受けして参りました。

多数のご相談や事件解決を通じて、机上の法律知識だけでは得られない交渉ノウハウ、調停や裁判実務に関するノウハウなどをもっています。

相続人間で揉めてしまってどうしたら良いか分からないという方に対しても、親切丁寧にご対応致しますので、お気軽にご相談下さい。

2.調停や裁判になる前に、交渉(話し合い)段階での相談に力を入れています。

相続問題では、相続人間の話し合いで決着がつかず、揉めに揉めてしまって、調停になってしまってから、ご相談に来られるケースも目立ちます。

しかし、「もっと早い段階でご相談いただければ、もっと良い方法があったのに。」とか、良かれと思って主張している内容が、実は不利な内容を含んでしまっていた、いうことがよくあります。

そこで、当事務所ででは、相続人間の話し合っておられる段階、又は話し合う前段階でのご相談に特に力を入れています。

3.交渉段階からご相談いただくことで、早期解決を目指しています。

2.に関連しますが、交渉段階からご相談いただくことで、より良い進め方や主張の組み立て方をアドバイスさせて頂けるだけでなく、期間的にも早期解決の可能性が高くなります。

当事者間で交渉を行なって、感情的な紛争に発展した場合、調停を申し立てても短期間で終了するのは極めて稀であり、長期戦になると、お互いに消耗してしまいます。

その点、交渉段階から、専門家に相談し、客観的な状況と法律的観点から落としどころを見据えて、交渉することで、早期解決の可能性が高くなるのです。

4.遺言作成,遺言執行業務に力をいれており,相続問題を未然に予防します。

そもそも被相続人の死後に遺産分割等の相続問題が発生するのは,遺言が存在していない事案がほとんどです。相続問題に精通した弁護士のアドバイスを受けた遺言があり,その執行者として弁護士が指定されていれば,相続問題が発生することはほとんどないといえます。当事務所においては,そもそも相続問題が発生することを未然に防ぐために,遺言作成,遺言執行業務に力をいれています。

 

5.税理士や不動産鑑定士などの専門家と強力に連携しています。

相続問題において特に揉め事になりやすいのは、財産が多い場合や、不動産が含まれているケースです。

このような場合には、揉め事を整理して、適切な遺産分割を行なうだけでなく、相続税対策についても、同時並行で検討する必要があります。

また、財産に不動産が含まれる場合、不動産の評価額が問題になることもしばしばあります。

当事務所では、相続問題に精通した税理士や不動産鑑定士の先生と日頃から強力に連携しておりますので、これらの問題にもワンストップで対応することが可能です。

 

5.初回の相談料は無料です。電話での無料相談も可能です。

当事務所では、相続や遺産分割でお悩みの方が、泥沼の相続紛争に発展する前に、できるだけ早いタイミングでご相談にお越し頂きたい、という想いから相続相談の初回相談料を無料とさせて頂いております。

「弁護士に相談すると高そう」など、不安をお持ちの方も、お気軽にご相談下さい。

 


弁護士との法律相談は初回無料です。まずはお気軽にご相談ください 0868-32-0255