離婚

「離婚・男女問題を弁護士に相談する必要があるのかわからない」
「弁護士は司法書士や行政書士とかと何が違うの?」
「弁護士に相談するメリットがあるの?」

こうお考えの方がほとんどではないでしょうか。

Q1. そもそも弁護士に相談するメリットがあるのか?

離婚問題においては,養育費や財産分与等、専門知識が必要な高度な法律問題を含んでいます。仮に、離婚の諸条件に合意してしまった場合、後からこれを争うのは非常に難しくなります。

したがって、既に本人同士で離婚の合意に至りそうな場合でも、まずは一度、弁護士にご相談することをお勧めします。

 

Q2. 行政書士や司法書士には相談したけど、弁護士に相談した方がいいの?

そもそも、離婚交渉について報酬を得る目的で代理業を行うことは、法律上弁護士にしか許されていません。

例えば、協議離婚をご希望の場合でも,完全に相手方と合意できていなければ,直ちに離婚協議書を交わすことはできません。その為、いずれにしても交渉の段階で弁護士の介入が不可欠となります。

離婚調停や離婚訴訟について報酬を得る目的で代理業を行うことも、法律上弁護士にしか許されていません。

離婚協議においては,「もし離婚調停や離婚訴訟に発展すればどうなるのか」という見通しを踏まえて,条件の交渉が行われるため,離婚調停や離婚訴訟に強い弁護士に相談することが重要です。

当事務所は岡山県北地域において,豊富な実績と経験を有しており、皆様の離婚問題を有利に進めさせて頂きます。初回相談料無料ですのでお気軽にお電話ください。

離婚と一口に言っても、たくさんの種類があることはご存知でしょうか。

日本における離婚問題は協議→調停→裁判の順序で進んでいきますが、近年では早期から専門家に相談するケースが増えています。納得のいく離婚をする為にも専門家である弁護士に相談することをお勧めします。以下、離婚の種類を簡単にご説明させていただきます。

離婚の種類

協議離婚

当事者間の話し合いによって成立する最も簡単な離婚方法。

他の離婚方法と比べて費用や時間がかからないのが特徴です。但し、夫婦間の合意が必要になります。

>>詳しくはこちら

調停離婚

これは裁判ではなく第三者を含めた話し合いという位置付けです。裁判のように強制力は無く、相手方が離婚に応じない場合に裁判に発展します。日本では「調停前置主義」があり、調停を飛び越えて協議から裁判に移行することはできません。

裁判離婚

協議、調停の内容に納得ができなかった場合は裁判による解決を目指します。全ての場合において裁判離婚を行うことができるわけではなく、「法廷離婚原因」が無ければなりません。また裁判離婚は一般的に8ヶ月から12ヶ月ぐらいの期間がかかり、複雑な場合、数年の期間がかかることがあります。

離婚問題は協議、調停、裁判と進むにつれて問題が長期化し肉体的な負担だけではなく、精神的・費用的負担も大きくなります。協議段階のように早期から弁護士が介入することによって、大きく結果が変わってきます。

当事務所では依頼者に納得してもらう為に様々なプランをご用意させていただいております。是非一度、当事務所にご相談ください。

>>詳しくはこちら

離婚事件における当事務所の特徴

当事務所の離婚・男女問題解決における特徴は以下の5つがあります。

1.当事務所の岡山県北地域における1年間の離婚・男女問題事件の受任は30件以上!離婚・男女問題の豊富な実績

当事務所では、これまでに岡山県北地域において,1年間に,離婚男女問題に関する受任だけで30件以上を受任して参りました。

多数のご相談や事件解決を通じて、机上の法律知識だけでは得られない交渉ノウハウ、調停や裁判実務に関するノウハウなどをもっています。

2.調停や裁判になる前に、協議(話し合い)段階での相談に力を入れています。

離婚問題をこじらせる前に,協議の段階で解決することで,夫婦間の問題をスピード解決します。

3 依頼者との打ち合わせに力をいれています。

離婚事件は、損得だけではなく、当事者の心情に沿った解決が優先される事件です。実際の事件処理にあたって、ご本人が重要でないと思っている事実が実は重要だったというような場合もあります。このような事実や当事者のお気持ちは、弁護士と顔を合わせて打ち合わせをする中で把握されていきます。離婚事件は他の事件と比較しても弁護士との打ち合わせが重要な事件といってよいでしょう。

4.心理カウンセラーなどの専門家と連携しています。

離婚の問題を抱えている依頼者の方には,精神的に追い詰められてる方がおられます。

私たちは,心理面のサポートも離婚問題解決には重要であると思っています。

>>詳しくはこちら

5.初回の相談料は無料です。電話での相談も可能です。

「弁護士に相談すると高そう」など、不安をお持ちの方も、お気軽にご相談下さい。

>>詳しくはこちら


弁護士との法律相談は初回無料です。まずはお気軽にご相談ください 0868-32-0255