交渉で、夫の不貞行為の相手方から慰謝料300万円を回収した事例

依頼者 女性 相手方 夫の不倫相手の女性

解決金300万円/支払い方法:1括払い/受任から解決までの期間:約2か月

 

事案

夫が,職場の同僚との間で不貞行為を行ってしまったという事案です。

金300万円を請求したところ,任意の交渉で速やかに金300万円で和解することができました。

 

弁護士からのコメント

この件は,相手方が非を認めていたこともあり,弁護士からの内容証明到達後,速やかに請求金額通りに和解ができた事案です。

この事件で重要なのは,請求金額が認められただけではなく,今後夫とその不倫相手の接触を禁じる条項をいれたことでした。

このように,不貞行為の和解において,夫婦関係を継続する選択をした場合においては,今後不倫を継続しないという誓約を和解書にいれることが抑止力として大切です。

弁護士との法律相談は初回無料です。まずはお気軽にご相談ください 0868-32-0255